知らなきゃ損する矯正歯科の選び方!失敗談と抑えるべきポイントまとめ!

とっても大事な矯正歯科の選び方の記事写真

「歯並びを改善しよう!」と決めたあなたがまず気をつけなくてはいけないことがあります。 それは矯正歯科選びです。 基本的には保険が対象外の歯科矯正は自費診療となるため、矯正歯科によって治療の方法から料金までピンキリで変わってきます。 それこそ、同じ人でも『A医院では上下の総額90万円と言われたが、B医院では上下の総額120万円と言われた』なんていうほどの差がでることもあります。 『立地が良い』とか『経験豊富』など、色んな理由があると思いますが、少しでもコストパフォーマンス高い治療と感じることができる矯正歯科と出会いたいですよね。 そこで、ここでは失敗しない矯正歯科を選ぶための方法についての注意点をまとめたので、矯正歯科選びの参考にお使いください。

治療の方法に注意!

一口に歯科矯正と言ってもたくさんの種類があるのをご存知でしょうか? 最もメジャーなものを大きく分けると、全部で3種類に分かれます。
  • 昔ながらの銀色の金属のブラケットを使ったワイヤー矯正
  • 歯の裏側の見えない所に装置を装着する裏側矯正
  • 目立たない透明なプラスチックを使ったマウスピース矯正
この3つはあくまで大きなカテゴリであり、ここからさらに、マウスピース矯正だとたくさんのメーカーの種類があったりと様々です。
悪すぎる歯並びを治す方法まとめ!メリットデメリットの比較まで!
そのうえで重要なのが、矯正歯科によってできるできないがあるということです。
  • A医院は裏側矯正ができる
  • B医院は裏側矯正はやっていないがマウスピース矯正ができる
これによって、自分の理想の歯科矯正を受けるためにも、まずは最低限どんな矯正が可能な歯科医院なのかということを一番に気にしましょう。 また、それを見極める方法として、ホームページやポータルサイトなどで、事前に矯正の方法をチェックするということをするようにしましょう。 治療方法を何も書いてない矯正歯科は『悪い』ということはありませんが、あなたがカウンセリングの無駄足を踏む可能性があるので要注意

初回相談料に注意!

脱毛サロンや美容整形などのほとんどは『初回カウンセリングの相談料無料』となっていますが、矯正歯科によっては初診相談からお金がかかる場合もあります。 その相場は、だいたいは2,000円~3,000円と言ったところです。 これももちろん矯正歯科の方針であったり何かしらの理由があるので、お金を取るのが悪いわけではありませんが、矯正したいあなたとしては、無駄金を払うリスクでもあるので注意したいところです。 本来は色んなクリニックを回ってご自身で比較するのが一番であり、9割近くの矯正歯科では相談料が無料なので、何か特別な理由がなければ無料の医院を回るほうがコストパフォーマンスが高いと言えるでしょう。

料金が大きく違うので注意!

治療方法がたくさんあるように、料金体系も全く違います 例えば、マウスピース矯正の中でも最も世界で使われているメーカーのインビザラインは、上下フルの矯正で90万円前後が目安ですが、矯正歯科によって70万円もあれば、120万円もあります。 裏側矯正も医院によっては120万円から150万円の幅も出ます。 これも医院によって色々と理由があるのでしょうが、どうせ全く同じ矯正で特にサポートも変わらないのであれば少しで安い費用で矯正できるに越したことはないですよね。

治療費の内訳にも注意!

ここまで、初回カウンセリングの料金、矯正自体の料金に注意するとお伝えしましたが、この費用の内訳にも要注意です。 というのも、例えば矯正料金が上下で80万円だったとしても、実はそれで終わりでなくさらにお金がかかるという医院がほとんどなのです。 実際には下記の項目に注意してください。
  • 検査費(最初にかかるお金)
  • 通院費(1~2か月に一度の料金)
  • 保定費(矯正が終わった後の料金)
検査費や保定費なんかはそれぞれ3~5万であったり、通院費に関しては1回2,000円~5,000円ぐらいなものの、2年間毎月通えばかなり大きな額となります。 なので、「上下フルで綺麗にして80万円」と言われてもそこで終わらず、しっかりそれ以外に何のお金がかかるのかという点など、料金の内訳を細かく注意して聞くのが良いでしょう。

お支払方法にの違いに注意!

上下フルだと高額になりがちな歯科矯正なので、お支払方法一つとっても矯正歯科ごとに大きく違いが出て、これに関しては費用の総額にかかわるので特に重要と言えます。 まずは大きく分けて5種類があることを頭に入れておきましょう。
  1. 現金一括払い
  2. 現金分割払い
  3. クレジットカード一括払い
  4. クレジットカード分割払い
  5. 医療用デンタルローン
カードの種類に違いがあったり、医療用ローンも何種類か分かれますが、大きくはこの5つです。 何といっても、分割ができるできないの違いより、分割ができても金利がついたりで総額が高くなることとなります。 矯正歯科の選び方に当たってお支払い方法もチェックしておこう必要があると言えるでしょう。

実際の人の雰囲気に注意!

さて、ここままで複数の矯正歯科選びに重要なポイントをご紹介してきましたが、やはり極めつけは、実際に行った医院の雰囲気です。 [chat face=”man1″ name=”男性の口コミ” align=”left” border=”blue” bg=”blue”]受付の人がなんとなく感じが悪い![/chat] [chat face=”woman1″ name=”女性の口コミ” align=”left” border=”red” bg=”red”]院長先生が違う矯正ばかりおすすめしてくる![/chat] 何といっても矯正の治療期間は上下で平均1~2年で、長ければ2年から3年という長丁場。 上記のようなことがあれば、せっかく理想の矯正方法で安い料金を提示されていても、考えちゃいますよね。 なので、長いこと付き合うお医者さんの人柄や、医院の雰囲気をチェックするのはとても大事と言えるでしょう。

まとめとおすすめ

以上が矯正歯科の選び方で大事なポイントと失敗例のまとめでした。 全般的な口コミをもとにまとめましたが、続いてはこの記事と内容は似ているものの、完全に真逆の目線で、とにかく安い料金だけで選びたいという方用に記事をまとめました。
ちょっとでも安くお得に矯正をするためのポイントまとめ!